teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


お詫び

 投稿者:sawayama  投稿日:2009年 5月 9日(土)22時11分18秒
  大峰を愛する者 様

 弥山川の「キリクチ」については、その後狼平の小屋にあるパネルで天然記念物であることを知り、又大峰山系のイワナが、その生息南限となる貴重なものと知り、当時すぐお詫びをHPに掲載いたしました。残念ながらその記事は、2006年の事なので更新のため現在は残っておりません。しかしご指摘の内容につては、現在は十分認識しておりますのでご安心下さい。大峰の山々はもちろん、自然を愛するものの一人として、知らなかったとは言いながら大変申し訳ないことをしたこと事、深くお詫び申し上げます。
 又、焚き火についてのご批判についてですが、当然の事ながら場所や、焚き木、又後始末の問題などもあり、むやみにどこでやって良い訳はありません。これは「常識」です。この件については少々異論を持っていますが、機会を改めたいと思います。
 
 

”文化財保護法違反の通告”

 投稿者:大峯を愛する者  投稿日:2009年 5月 5日(火)11時33分8秒
  貴 ホームページ上におきまして、天然記念物である「弥山川のキリクチ」(イワナ)の捕
獲の様子が掲載されておりますが、文化財法違反の行為と知っておられますか?
また、全国のほとんど全ての河川では漁業権が設定されており、勝手に釣りをすることがで
きません。
弥山川の登山口には禁漁及びイワナの保護のお願い看板を掲げておりますが、見えなかった
ようですね。
登山行での釣りは、入漁権を購入させれない限りはおやめになってください。
また、事前につりが可能な場所なのか、禁漁区なのかご確認してください。
また、河川内での直火による焚き火が見られますが、これについてもアウトドアを愛する者
としては、絶対にやってはならない行為だと思います。
アウトドアで焚き火をなされる場合は、火皿等を使用して河原に負荷をかけないようにしま
しょう。 ”これは常識です。”

河川は国民の物であると共に、個人の者ではありません。身勝手な行為が自然に負荷をかけ
るのか認識してください。
”来た時よりも美しく”を徹底しましょう!! ”これも常識”
 

また是非どこかで!

 投稿者:sawayama  投稿日:2009年 3月 2日(月)22時04分28秒
   たぬき様 お便りありがとうございました。
しばらくご無沙汰していましたが、2月28日又和佐又へぶっちゃの子供・内蔵助(2歳)を連れて行って来ました。前回とは大違いでまったく雪もなく、スキー場にはフキノトウが芽を出していました。
和佐又山から見た弥山もまばらな雪、もう春も近いようです。帰りに和佐又ヒュッテの犬達と遊んで帰りました。
 又どこかでたぬきさんとお会い出来るのを楽しみにしています。ありがとうございました!
 

ぶっちゃに会った

 投稿者:たぬき  投稿日:2009年 2月14日(土)21時55分18秒
  1月25日明神平へ行くのに、登山口駐車場でぶっちゃとそのご主人様をお見かけし、二言三言お話しました。
11日も明神平に行かれたんですね。実は私も。朝から日帰りですけど。すごい日でしたね。
また、24日は和佐又に行こうと林道入り口から尾根道歩いていって、あまりの雪に途中で敗退してしまいました。
よく似た日程で、よく似たところに出かけているようで、またどこかでお会いするかも知れません。そのときはまた、よろしくお願いいたします。
 

感動

 投稿者:晶子メール  投稿日:2005年 9月 6日(火)16時21分8秒
  初めてお便り差し上げます!!
何と言う素晴らしい山々でしょう!!まるで夢のようです
見慣れているはずのマッターホルンがもっと険しく,大きく威厳があって、
そして夜のアイガー等,言葉に言い尽くせません
拝見する度に,感動新たです, 梅のような時間をプレゼントして下さって,有難うございます!!
     大場晶子
 

和田さんこそ

 投稿者:kawaseメール  投稿日:2005年 7月11日(月)21時00分38秒
  今晩は和田さん。そちらこそ羨ましい限りです。澤山さんたちは7/10日にモン・ブラン登山無事登頂されたんでしょうか?結構きついスケジュールなので猪熊さんと下で待っているかもと弱気な言葉を残して出発されました。11日以降はグリンデルワルドでハイキング三昧。
22日成田で23日大阪着です。 どっちらもほんとに羨ましい!
 

重慶まで行ってきました

 投稿者:WADAメール  投稿日:2005年 7月10日(日)17時56分43秒
   当地は浮きも終わり連日36-7℃の気温が続いております。
澤山君はヨーロッパアルプスとか、うらやましい限りです。先日仕事で重慶へ行ってきました。皆さんご存知の三峡下りの出発点です。朝の時間を利用して長江の出発点まで散歩してきました。河の色は赤茶色でにごっています。上海から2000km以上離れているのに清流ではありません。
 重慶は南京、武漢と並んで中国の三大ストーブと呼ばれるほど暑いところです。盆地ですが京都どころではありません。市内はビルが立ち並びごちゃごちゃしていますが、最近開発された郊外は近代的なビルや工場、マンション等が立ち並び近代的な都市です。郊外は先日行った青島に似ています。
 ここは四川省のほぼ中央にあり、少し山に入ればパンダがまだ生息しているそうです。
最近日本でも知られだした世界遺産の九寨溝や黄龍も近くにあります。(近いといっても6-700km位)今度は木曜日に仕事をして金土日と行って見たいと思います。
帰りには思いがけない光景に出会いました。中国で桃源郷と言われるシャングリラの上空を飛びましたが天候に恵まれ、座席にも恵まれこれが中国化と思うほどの光景に出会いました。もうひとつおまけは桂林へ中継の為着陸、おなじみの墨絵の世界を空港と上空から見ました。なかなかこのような機会には恵まれませがたまにはこのような事に遭遇すると気が休まる気がします。
 重慶では四川料理のシンボルといわれる火鍋にも挑戦しました。1人で行った為メニューを見て注文したのですが、豚?の腸、胃袋や訳のわからない材料が色々出てきました。中では羊肉が一番でした。皆さんも行かれる機会が有れば是非チャレンジしてみてください。
 

笈ヶ岳の花

 投稿者:kawaseメール  投稿日:2005年 7月 3日(日)23時01分9秒
  お返事、忘れてました。私が花博士です。Mr.sawayamaが笈ヶ岳で出会った「クモヒトデ」は間違いなくマンサク(満作)です。蕚(ガク)が暗紫色のものと黄色のものがあり、
クモの足みたいなのが花びら。写真と同じ色合いで「シナマンサク」というのもあるのですが、葉も花も一回り大きいらしい。また花びらも蕚(ガク)も赤いもの(ダイアナ)もある。長い花びらはくるくるっと丸まっていて、ちょうど昔、息を吹くとひゅーっと伸びる紙のおもちゃがあったんですが、あんな感じで咲くみたいですね。面白いですが、やっぱりクモやヒトデを連想してちょっと気持ちわるいかも。
 

しばらく留守します。

 投稿者:sawayama  投稿日:2005年 7月 2日(土)11時29分34秒
  来週7月7日より学生時代の仲間と、約2週間の予定でヨーロッパ遠征に出かけます。そのためしばらくの間HP更新出来ないと思いますので、なにとぞよろしくお願いします。帰国しだいヨーロッパの山々のご紹介や遠征の様子など掲載しますので、楽しみにお待ち下さい。  

WADAさんへ

 投稿者:sawayama  投稿日:2005年 6月28日(火)01時11分42秒
  日本もこのところ急に暑くなりました。今のところ全国的に空梅雨気味、水不足の話もちらほら出始めています。先週24日より26日まで富士山、奥秩父(国師)、そして入笠山と岡村、山下、猪熊、安食で行ってきました。来週はいよいよヨーロッパ遠征!2日来日されるなら早めに連絡下さい。  

レンタル掲示板
/4