新着順:82/1390 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

この地図を探していました。

 投稿者: STEP1-st メール  投稿日:2017年 5月 2日(火)14時25分7秒
  通報 返信・引用
  momonga 様

早速のご返答誠に有難うございます。
手がかりの少ないヒントでも的確なご教示を頂き感謝いたします。
まさにこの地図です!「佐々木長左衛門」さんのサイトは何度か
訪れているのですが辿りつけていませんでした。
間違いなくmomonga様のサイトから情報を得ていました。
各戸がアイヌ名で表示されているのは珍しいです。
それと給与地の広さは住宅街で生まれ育った自分としては
広いのです、地図を現在のものと符合させるとそう感じます。
師範学校を四辺のひとつとしてみたら、近文小学校から
近文駅近辺を対角とした広さでしたので驚きましたが
40戸分の農地とすればむしろ狭いのかもしれません。

親しい友人が緑町17丁目(嵐山通)で店を構えていて
よく遊びに行きますが、先日も付近を散策した帰りに
寄って話したところ、友人の家の近くの線路のほうに
いたアイヌのおばあさんが「この辺の土地は私たちの土地だ」と
大声で言っていたが今はいなくなったとと少し懐かしそうに話していました。
友人は私と同じく街中で生まれ育ちましたが40年ほど前に現在の緑町に
引っ越して仕事をしております。

街の誕生や文化の伝承といっても本州並みのという括りで比較すると
歴史はとても浅いのですが間違いなくアイヌの人々が暮らしてきて
現在も暮らしています。
その中で、物凄いスピードで風化が進んでいるように思います。
私は去年から後期高齢者の仲間入りしましたがそう感じています。
父や母の子供の頃といえば90年から100年前になりますが、
その間の歴史さえ霞んでしまいそうです。
旭川の古い時代と言っても50年ほど前には街角には靴磨きの方が
いましたが今は一人もいません、4月に東京に行きましたが
帝国ホテルの地下には2人のおじさんが靴磨きの仕事をしており
懐かしく遠くから見ていました。
青山霊園・谷中霊園を見てきましたが、そこでも本州と旭川の
違いを実感しました、東京の霊園のお墓は簡単にお話すれば
質素なんです、旭川のお墓はとても立派です。
立派でカッコよければ良いんでしょうかね、昔のお墓でも
恥ずかしくないし、むしろ大切にして欲しいと思います。
旭川は(旭川に限らないと思いますが)新しいものへ替えるのが
早く、右にならう人が多いように感じます。

思わぬ方向に脱線してしまいましたのでこの辺で失礼致します。
自分の歴史を遡れば親やその時代に興味がわきます、そんな時に
momonga様のように細部にわたり勉強され公表されていることに
敬意を表し感謝申し上げます。

お会いしてお話を伺う機会があることを願っております。
 

新着順:82/1390 《前のページ | 次のページ》
/1390