新着順:27/1347 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: とんでもないレアケース?

 投稿者:momongaメール  投稿日:2017年 5月11日(木)13時04分28秒
  通報 返信・引用
  かんじさん、現地調査ごくろうさまです。
私もゴールデンウィーク中に巡ってきましたよ。(^^)v

踏切はもちろんですが、バス停も基本的には道路名をバス停名にしてるみたいですね。
だから実態とは多少ずれていても、その道路に近けりゃオーケーなんでしょうね。
あと、もし零丁目時代からの名称だったとしても、道路名は変わってませんからそのままでよかった。


>そして零丁目があった時には、この通りの当麻側の区画が7丁目でしたが、零丁目が無くなった(昭和11年)後は旭川側が7丁目になり、現在も続いています。
7丁目通りの位置は変わっていません。

そうなんです。
他地域では1線道路と2線道路の間の区画が1線ですし、1号道路と2号道路の間の区画が1号です。
同じ屯田兵村だった東旭川でも、北1丁目道路と北2丁目道路の間が北1丁目区画です。
ところが、零丁目を廃した永山だけは、1丁目道路と2丁目道路の間の区画は2丁目になってしまったんですね。
通常は道路名がその区画の始まりを表すのに、永山は逆になってしまっています。

こうまでして「零」を排除した理由・・・未だにつかめません。
永山だけではありませんので絶対に何か理由があるはずですが、ネット調査の限界かな。



ところで、かんじさんのUPしてくださった上川郡明細図ですが、ちょっと変ですね。
最初はかんじさんが零丁目の区画を間違ったのかな、くらいに思いましたが、よくよく見ると地図の区画割りがおかしいです。
同じ明治33年の地理院1/25000地図だと零丁目から数えてちゃんと十五丁目で収まります。
この時代の地図にありがちですが、道路の線引きはあまり正確なものではなさそうです。

 

新着順:27/1347 《前のページ | 次のページ》
/1347