teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: シーズンイン

 投稿者:sakano  投稿日:2010年12月 8日(水)19時03分7秒
返信・引用 編集済
  > No.604[元記事へ]

ファーマー佐藤さん

今夜からの寒気の流入で鳥海山もいよいよ解禁?
スキーブーツ(兼用靴は死語らしい)のジャストサイズは手に入りましたか?

自分がかつて某いい加減な某スポーツ用品輸入メーカーにいた時、コフラック
プラ靴の半端サイズ(28.0以上も有り)を売り残し、まとめて40足ほど某
さかい○スポーツさんに投げ売りした事があります。

役所幸司?のシベリヤロケで使うオファーが入り、完売したそうです。
全くただ同然のブツが儲け頭だったのでは?


>  いよいよシーズンインですね。今年は猛暑だったので山に大雪が
> 積もることを期待していますが、どうでしょうね。
>
>  今日は冷たい雨が降っています。山は間違いなく雪でしょう。(^^

http://f58.aaa.livedoor.jp/~yamadori/

 
 

シーズンイン

 投稿者:ファーマー佐藤メール  投稿日:2010年12月 8日(水)09時12分23秒
返信・引用
   sakanoさん、こんにちは。

 いよいよシーズンインですね。今年は猛暑だったので山に大雪が
積もることを期待していますが、どうでしょうね。

 今日は冷たい雨が降っています。山は間違いなく雪でしょう。(^^

http://homepage3.nifty.com/farmersatoh/

 

月山 姥ヶ岳 2010.12.05

 投稿者:sakano  投稿日:2010年12月 5日(日)17時54分36秒
返信・引用 編集済
  今年の冬はいったいどうなる?
予想外の気温の高さはさすがの月山も雪不足。上リフト駅から姥ヶ岳への斜面にはブッシュが残り、目当ての東斜面は視界不良であきらめ、リフト下の斜面でお茶を濁して志津へ下った。
降りて行くと何時もの常連メンバーが上がってきて、半年ぶりの再会に今年の期待も膨らむ。雑用もあったのでさっさと下ったが、11:00頃になると天候が回復して悔しい1日でもありました。

http://f58.aaa.livedoor.jp/~yamadori/

 

Re: 滑り込み

 投稿者:sakano  投稿日:2010年10月27日(水)19時45分50秒
返信・引用
  > No.601[元記事へ]

ファーマー佐藤さん

ランニング登山とは無縁のヘタレ山歩きです最近は・・・。
庄内からI○○石井SP仙台まで自転車ショッピングなど、これ程おしゃれな人は
あまり聞いた事ががありません。
しかし、1日500km自転車走破とはチトやり過ぎ?

http://f58.aaa.livedoor.jp/~yamadori/

 

滑り込み

 投稿者:ファーマー佐藤メール  投稿日:2010年10月27日(水)13時43分51秒
返信・引用
   sakanoさん、こんにちは。

 25日とは、正に滑り込みセーフでしたね。
見るからに登りにくそうですが、誰もいない静かな山歩きを
楽しむことが出来たんじゃないでしょうか。

http://homepage3.nifty.com/farmersatoh/

 

石転び沢~北股岳~梶川尾根下降

 投稿者:sakano  投稿日:2010年10月25日(月)19時38分8秒
返信・引用 編集済
  涼しくなると山歩きがしたくなるのは何時もの事で、雄大な飯豊連峰の主脈をのんびり歩いてみると意外と静かだった。 あと2日もすると寒気が入ってきて初雪となり、滑り込みセーフで鈍った体にムチを入れてみるのも悪くはない。

しかし、雪渓の消失したゴーロ歩きの石転び沢は結構くたびれて、スキーで登るより時間がかってしまう。でも、体力低下が原因であることは明白。 標高1000mから下が紅葉の最盛期で、紅葉や楓・コナラなどの彩りも良いが、ブナの実やドングリなどは殆ど見られず、熊のエサ不足は深刻な様子が伺える。ブナ枯れも一因か?


http://f58.aaa.livedoor.jp/~yamadori/

 

Re: 流石です

 投稿者:JTXキクチメール  投稿日:2010年10月13日(水)18時15分31秒
返信・引用
  > No.595[元記事へ]

「癒し系の沢登りには沢の中での宴会」素晴らしい!!!
一度、澤も宴会もご指導を頂きたいところです。
 

Re: 流石です

 投稿者:sakano  投稿日:2010年10月13日(水)06時39分20秒
返信・引用
  > No.594[元記事へ]

JTXキクチさんへ。


癒し系の沢登りには沢の中での宴会が付きもので、やるんだったら1泊は必須です。

自分も来シーズンからはこの方向で・・・。



> 栗子滑谷の沢登りは燻銀の魅力ですね。澤技術があまり無くても行けるコースなら来年は行って見たいなぁ~

http://f58.aaa.livedoor.jp/~yamadori/

 

流石です

 投稿者:JTXキクチメール  投稿日:2010年10月12日(火)19時34分41秒
返信・引用
  栗子滑谷の沢登りは燻銀の魅力ですね。澤技術があまり無くても行けるコースなら来年は行って見たいなぁ~  

大朝日岳 御影森山からの眺望

 投稿者:sakano  投稿日:2010年10月 3日(日)21時38分28秒
返信・引用 編集済
  今度が3回目でようやく御影森山から大朝日岳周遊が出来た。最初は地下旅を忘れてしまい、2度目は強風に追い返されて相性が良くなかったが、歩いてみれば実に眺望の良いコースだった。

今年の紅葉は遅れているのか今一つで、ブナ枯れで葉は焼けたようなグレーぽい色合いで、しかもブナの実がほとんど落ちないのも気にかかる。昨年子連れ熊に遭遇した上倉山を通り過ぎた辺りで熊らしい物音がしたが、今年はエサ不足でつらい冬になるのではないか?

最近の運動不足で下りは疲れてしまったが、小朝日岳方面の行列を作るような賑わいとは異なり、静寂を保ったこの周遊コースは気に入りました。


※「フォト蔵」にアップしました。

http://photozou.jp/photo/list/308432/2645560

もっともお気に入りの祝瓶山方面の山並み

http://f58.aaa.livedoor.jp/~yamadori/

 

栗子山塊 滑谷沢右俣~栗子山

 投稿者:sakano  投稿日:2010年 9月20日(月)20時48分36秒
返信・引用 編集済
  栗子山塊(福島県)の滑谷沢の名は聞いた事がなかったが、意外と関東方面からやってくる沢屋さんは多い。標高1216.6mの栗子山に突き上げる滑谷沢右俣は特に難しい所はないが、滑滝と岩床が続く美渓で意外と小滝も多く出てきて飽きる事はない。

明るく開けた渓とブナの自然林の世界は心が和み、苔むした癒し系の沢としてはお勧めの沢で、宴会目的で釣りも楽しみたい向きにはうってつけの沢です。実際、そこら中が整備されたキャンプ場の様で、紅葉の時期でも十分楽しめる事間違い無しです。ただ、本流筋はゴミが散乱しているのが残念。

※「フォト蔵」にアップしました。

http://photozou.jp/photo/list/308432/2543172

右俣は2m~5m前後の滝が意外と多い。

http://f58.aaa.livedoor.jp/~yamadori/

 

二口山塊 小松原沢左俣(小松倉沢)~二口峠縦走 2010.08.22

 投稿者:sakano  投稿日:2010年 8月22日(日)22時07分23秒
返信・引用 編集済
  釣りと沢登り、そして縦走を1度にやる方法とは?
今日はそんなつもりは無かったが、結果的に良くも悪くもこんな1日になってしまった。

35年前に訪れた時の感覚で入渓したのが間違いで、仙台神室から下降路の南沢に至る
登山道は廃道で歩けず、南沢をめがけて山頂付近をウロウロした後、結局水も持たな
いまま仙台神室から二口峠への縦走のオマケが付いた。

しかし、下部ではバラしてしまったがテンカラも適当に楽しめ、1回で3度美味しい気ま
まな旅も結構満足。

手軽に登れる滝も多くて初心者の方にもお勧めの沢。

※「フォト蔵」にアップしました。

http://photozou.jp/photo/list/308432/2305404

http://f58.aaa.livedoor.jp/~yamadori/

 

Re: 南会津 大戸岳 闇川(くらかわ)流域 小俣荒沢

 投稿者:sakano  投稿日:2010年 7月13日(火)22時21分43秒
返信・引用 編集済
  > No.589[元記事へ]

スダッちさん

歩き慣れない沢登りでの11時間は厳しい1日だったと思います。
普段はあまり水量のない沢だと思いますが、増水していたので足元が見えず
歩き難かったです。

下山後に寄った芦ノ牧温泉駅そばの「牛乳屋食堂」のラーメン&ソースカツ
丼は中々いけますね。ここを訪れただけでも価値有りの1日でした。
グルメに明るそうなスダッちさんについて行って、山&各地のB級グルメツ
アーを定番にするのも悪くないかも。

シャワー&ドロドロの1日でした。

http://f58.aaa.livedoor.jp/~yamadori/

 

Re: 南会津 大戸岳 小俣荒沢

 投稿者:スダッち  投稿日:2010年 7月13日(火)20時53分16秒
返信・引用
  > No.588[元記事へ]

sakanoさんへ。

この度は、お世話になりました。

>11時間余りの長丁場・・・
うち5時間は私に原因があるものと思ってます。
御迷惑おかけしました。

体重が○十キロ、きるまでは、とんかつを食べないことにしていましたが
下山後の誘惑に負けてしまい、かつ丼食べてしまいましたが、
やはり、全国区でTV放映された食堂だけあって格別でしたね!

懲りずにお誘いいただければ幸いです。

写真は、F2とF3(不動滝)です。

http://blogs.yahoo.co.jp/sudam820/

 

南会津 大戸岳 闇川(くらかわ)流域 小俣荒沢

 投稿者:sakano  投稿日:2010年 7月12日(月)06時15分35秒
返信・引用 編集済
  シースン最初の沢登りはフィエスタの谷のみなさんに同行し、ネットでは記録が載っていない南会津の大戸岳・小俣荒沢を遡行した。
増水気味の沢だが幸い天候は崩れる事もなく、11時間余りの長丁場となって最後の泥壁も完登。比較的地味な沢の部類だが後半は意外に手強く、皆さん大変お疲れ様でした。
沢登りがほとんど初めてのSさん、懲りずに今度は明るい美渓でご一緒しましょう。

※フォト蔵にアップしました。

http://photozou.jp/photo/list/308432/1940156

シャワークライミングはまだ冷たい

http://f58.aaa.livedoor.jp/~yamadori/

 

Re: 翌週に

 投稿者:sakano  投稿日:2010年 7月 2日(金)08時00分59秒
返信・引用 編集済
  > No.586[元記事へ]

JTXキクチさん

タキタロウ山荘の周りは湖畔に面した庭園のようで、夕暮れ時にテーブルを囲んで
ワインなど飲んだりする雰囲気にぴったり。

祝瓶山の角楢小屋と共に、朝日連峰の小屋では趣のある小屋ではないでしょうか?
どちらかというと両方とも釣屋さんご用達の小屋で、確かに山屋にとってはもった
いない小屋。

今度会った時にはワインのグレードを一つ上げておきます。今までロクでもない代
物ばかり持ち歩いていたので・・・。
 

翌週に

 投稿者:JTXキクチメール  投稿日:2010年 7月 1日(木)22時06分7秒
返信・引用
  奇遇ですが(37年ぶりに行かれたとは!)翌週、小生も大鳥に行きました。実は山小屋数々あれど(稜線の竜門・狐・天狗を差し置いて)新緑の大鳥の素晴らしさは(名物小屋番F先輩の管理の行届きもプラスされ)、人生観が変わるほどの素晴らしさと感じ毎年通っています。小屋前のテラスで大鳥池を眺めながらの食事&○○は至福のひと時ですね。私的にロケーションは上高地や他の山岳湖沼の中でもピカイチと感じています。釣屋さんがメインでは勿体無い秘境ですね。5月中は滑落すれば雪解け濁流に呑まれ落命間違い無しでザイル確保が必須の箇所が有りますね。でも全面結氷した大鳥の姿も格別ですね。機会が有ればテラスで食事&○○できれば幸いに存じます。  

朝日連峰 以東岳

 投稿者:sakano  投稿日:2010年 6月27日(日)07時38分37秒
返信・引用
  無積雪期に以東岳を訪れたのは37年ぶりだった。今年の積雪は平年並みと思われるが、4月と5月の低温続きで谷筋には多量の雪渓が残り、今年は朝日・飯豊連峰での沢登りは難儀な様子。

大鳥池の周辺は立派に様変わりしていたが、かつての厳しい登山道は廃道となって今は立派で快適。ワンゲルに在籍した時に五味沢から入って全山縦走したが、35kgのキスリングを担ぎ、最後はジャリ道を3時間掛けて歩いて大鳥に辿り着いた。

静寂な雰囲気の大鳥池

http://f58.aaa.livedoor.jp/~yamadori/

 

Re: 黒伏山中央ルンゼ

 投稿者:スダッち  投稿日:2010年 6月 5日(土)08時36分43秒
返信・引用
  > No.583[元記事へ]

sakanoさんへのお返事です。

おはようございます。
私のような若輩者をリンクに加えていただきありがとうございます。


柳沢小屋は、ストーブの煙突が詰まっていたこと以外は非常に快適でした。
(おかげでギアやらウェアやらが燻されまして、今でもかぐわしい香りを放っています)

山菜は、本当に豊富で、油と小麦粉を忘れて、てんぷらはできませんでしたが
「山菜の温野菜サラダ柳沢小屋仕立て(要するにごった煮に醤油をかけたもの)」にして、おいしく頂きました。

来年は、チョークバックを山菜籠にして、風のテラスまでウルイ採りってのも良さそうです。

http://blogs.yahoo.co.jp/sudam820/14705981.html

 

Re: 黒伏山中央ルンゼ

 投稿者:sakano  投稿日:2010年 6月 4日(金)19時55分33秒
返信・引用
  > No.582[元記事へ]

スダッちさん

中央ルンゼの完登おめでとうございます。

自分が最初に完登したのは19歳頃だったと思いますが4回目の時でした。
黒伏山南壁は今頃がベストシ-ズンで、アイコ・ワラビなどの山菜取りも楽しめる
楽園?

クライミングはとっくに廃業したので、柳沢小屋での宴会なら即参加OKでした
が残念でした。

今では過去の遺物となった様なダイレクトルートですが、開拓したのは23歳の意気
盛んな頃でした。その後我々は「岩壁工事屋」とも呼ばれていた様です。

※勝手ですが、後ほどリンクに加えさせて頂きますので宜しく。
もし、バナーなど有れば送って下さい。

http://f58.aaa.livedoor.jp/~yamadori/

 

黒伏山中央ルンゼ

 投稿者:スダッち  投稿日:2010年 6月 3日(木)23時31分52秒
返信・引用
  お世話になってます。フィエスタ@スダッちです。

先日5/30に、黒伏山中央ルンゼへ行ってきました。
他のメンバーにいろいろお世話になりながらですが、初アルパインを体験できて
完登も果たすことができ、充実した週末でした。

http://blogs.yahoo.co.jp/sudam820/14705981.html

 

飯豊連峰 飯豊山 本社ノ沢左俣

 投稿者:sakano  投稿日:2010年 5月 9日(日)19時59分17秒
返信・引用 編集済
  本社ノ沢は昨年に続いて2回目ですが、今回は左俣をトレースしてみました。
右俣と比べるとやや狭いがスケール自体が大きいので適度な広さと傾斜。

最近降った新雪も快適ザラメで滑りは良く、斜面は縦溝無しのフラットバ
ーンは実に快適。

本日の飯豊連峰は晴れでも稜線付近の風は強く、視界も今一つの為か登山者
は少なかったが、本社ノ沢を滑り降りてこられた単独の山スキーヤーに会っ
たのは意外でした。

雪が豊富で雪質も良く、先日の杁差岳敗退の鬱憤を晴らす様な1日でした。

※フォト蔵にアップしました。

http://photozou.jp/photo/list/308432/1475077

飯豊山 本社ノ沢左俣

http://f58.aaa.livedoor.jp/~yamadori/

 

飯豊連峰 頼母木山 2010.05.02~03

 投稿者:sakano  投稿日:2010年 5月 5日(水)19時19分53秒
返信・引用 編集済
  杁差岳の東斜面は興味深いコースにも思えるが、実際に取り付くにはアプローチ
の難点がある。今回は頼母木小屋をベースにスキーを目論んだ所、気圧の谷の通
過による翌日の強風であえなく断念して即下降。

このコースは何度か通っているが予定通りにいったためしが無く、相性の悪さに
はがっかりしまうけれども、2日の好天の基で屋外一人宴会もまた結構でした。

※フォト蔵にアップしました  http://photozou.jp/photo/list/308432/1435010


西俣峰付近から杁差岳東斜面

http://f58.aaa.livedoor.jp/~yamadori/

 

桧枝岐から燧ヶ岳北面コース

 投稿者:sakano  投稿日:2010年 4月19日(月)05時57分3秒
返信・引用 編集済
  寒気の抜けが遅いで予定の鳥海山は見送り、結果的に行き着いたのは早い回
復が見込まれる燧ヶ岳。当初は会津駒ケ岳の周遊をもくろんだが積雪の少な
さに愕然とし、下降点の雪は殆ど皆無で藪漕ぎになりそうで断念。

桧枝岐を訪れたのは15年ぶりだったが、除雪終了点の七入からの燧ヶ岳から
は高度差も有り遠く感じた。山頂付近の斜面は意義と重いパウダーでやや難
儀したが、オオシラビソの樹林帯を快適に下降して出発点に戻った。

※フォト蔵にアップしました

http://photozou.jp/photo/top/308432

http://f58.aaa.livedoor.jp/~yamadori/

 

Re: 素晴らしい

 投稿者:sakano  投稿日:2010年 4月 7日(水)06時38分52秒
返信・引用
  > No.577[元記事へ]

JTXキクチさん


鳥海山に行けなくて残念でした。

栂峰は林道終点からの尾根の取り付き点を間違えてしまい、余計なアルバイト
を強いられてくたびれました。

http://f58.aaa.livedoor.jp/~yamadori/

 

素晴らしい

 投稿者:JTXキクチ  投稿日:2010年 4月 6日(火)21時36分19秒
返信・引用
  「飯豊・栂峰」奥深い素晴らしいコースのようですね!後日、山行の詳細をお聞かせ頂く事を楽しみにしております。  

飯豊連峰 栂峰北面コース 2010.04.04

 投稿者:sakano  投稿日:2010年 4月 5日(月)19時43分25秒
返信・引用 編集済
  栂峰は飯豊連峰の前衛峰だが、山形県の南陽市辺りから眺めると立派な独立峰で見栄えのする山だ。いつかは登りたい山の一つだったがすっかり後回しになってしまい、変なきっかけから北面コースを目指した。

取り付いてみると意外なアップダウンが多く、途中で諦めて帰ろうかと思う様な体力勝負のコースだった。これほど山頂の遠い山も南東北では珍しい。

暫くロングコースはご無沙汰していたが、ダレた様な体では最近厳しい雰囲気。
結構くたびれます。

フォト蔵にアップしました。

http://photozou.jp/photo/list/308432/1197954

http://f58.aaa.livedoor.jp/~yamadori/

 

Re: 朝日連峰 石見堂岳 北尾根下降

 投稿者:JTXキクチメール  投稿日:2010年 4月 1日(木)19時03分38秒
返信・引用
  > No.574[元記事へ]

sakano先輩
お世話様でした。
「鳥越川コース」sakano先輩なら、日曜日、我々は早くても幕営地07:30出発でしょうから、朝一出発で十分追いつくと思いますので、待ってます!
 

Re: 朝日連峰 石見堂岳 北尾根下降

 投稿者:sakano  投稿日:2010年 3月31日(水)19時47分19秒
返信・引用 編集済
  > No.573[元記事へ]

JTXキクチさん

石見堂岳ではお疲れ様でした。
3月としては恵まれたパウダースキーの1日で満足です。

鳥越川コースから新山山頂は今頃が旬。
一泊の鳥海山となるとかなり盛り上がる事は間違いないでしょう。

参加希望ですが都合でまったく当てになりません。
すみませんが悪しからず。

http://f58.aaa.livedoor.jp/~yamadori/

 

Re: 朝日連峰 石見堂岳 北尾根下降

 投稿者:JTXキクチメール  投稿日:2010年 3月30日(火)22時24分21秒
返信・引用
  > No.572[元記事へ]

sakano先輩
「○飲み豆腐の会」へ参加頂き光栄至極です。『石見堂岳から北尾根』山頂付近は少しガスってましたが『新雪が20cm位積もって3月としてはベストコンディション』でしたね!私は深さ1m以上(引っ掛かったその下は更に2m以上)のクラックにはまり「埋没実地訓練」が出来ました!ハハハ!。来週は「絶景・鳥越川コース」です。もしもご一緒出来れば幸いに存じます。
 

レンタル掲示板
/25