teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


朝日連峰 石見堂岳 北尾根下降

 投稿者:sakano  投稿日:2010年 3月29日(月)06時03分14秒
返信・引用 編集済
 


西川山岳会毎年恒例の「大井沢の豆腐を食べる会」に参加した後、11名で石見堂岳から北尾根を下降した。

先日は風雪模様で月山・湯殿山方面はどうにもならなかった様だが、翌日は新雪が20cm位積もって3月としてはベストコンディション。やや視界が利かないので月山・湯殿山は姿を現さなかったのは残念だが、足並みのそろった皆さんは思いっきりパウダーを堪能した様で満足のご様子。

皆さん、お疲れ様でした。


フォト蔵にアップしました。

http://photozou.jp/photo/list/308432/1136001



北尾根の下降

http://f58.aaa.livedoor.jp/~yamadori/

 
 

Re: 月山 湯殿山南東尾根~石跳川~姥ヶ岳

 投稿者:JTXキクチメール  投稿日:2010年 3月24日(水)18時41分25秒
返信・引用
  > No.570[元記事へ]

ゲレンデのアルペン靴と板に頼った滑りが身に付いてしまいました。土曜日は会で再び湯殿山で、日曜日は石御堂です。夜は恒例の「豆腐」ですので、ご一緒したいですね。
 

Re: 月山 湯殿山南東尾根~石跳川~姥ヶ岳

 投稿者:sakano  投稿日:2010年 3月22日(月)18時14分53秒
返信・引用 編集済
  > No.569[元記事へ]

JTXキクチさんへ。


あのアイスバーンで良くぞあそこ迄付き合って貰ったと思います。
これも人好き好きですのでなんとも言えませんが、山スキーヤーとしては登らな
ければ先は有りませんのでてっぺんを目指します。
病的に山頂を目指す事も有りますが・・・。

ゲレンデも良いですが、やはり山で場慣れするのが山スキーの基本でしょう。

http://f58.aaa.livedoor.jp/~yamadori/

 

Re: 月山 湯殿山南東尾根~石跳川~姥ヶ岳

 投稿者:JTXキクチメール  投稿日:2010年 3月19日(金)23時32分59秒
返信・引用
  > No.568[元記事へ]

sakano先輩、ありがとうございました。
天候の回復が遅れと強風で姥斜面のアイスバーン、厳しい条件でしたがsakano達人のお陰で良い足腰の鍛錬になりました。また宜しくお願い致します。
 

月山 湯殿山南東尾根~石跳川~姥ヶ岳

 投稿者:sakano  投稿日:2010年 3月14日(日)19時28分6秒
返信・引用 編集済
  高気圧に覆われて今日は絶好の月山山頂狙いと思っていたが、志津の駐車場に着いてみると山頂方面は雲で覆われて強風が吹き荒れていた。

湯殿山の南東尾根は途中で切り上げて下ったが、重いパウダーとアイスバーンは手強くテクニックの差がはっきり出ていた。

続く姥ヶ岳方面の斜面の登りは予想外のアイスバーンが続き、ようやく姿を現した姥ヶ岳は強風を突いての強行登頂で占め括った。シュカブラ アイスバーン 重いパウダー それに手強いモナカ雪など、春スキー特有の斜面は敷居が高い。

姥ヶ岳山頂方面

http://f58.aaa.livedoor.jp/~yamadori/

 

Re: 村山葉山 継続パウダーラン5連発 2010.02.21

 投稿者:sakano  投稿日:2010年 2月22日(月)21時27分38秒
返信・引用 編集済
  > No.566[元記事へ]

阿部さん

先日はお疲れ様でした。
2年前から素晴らしいパウダーエリアだと思ってましたが、実際滑ってみると予想
以上の斜面で満足です。
3月にもう一度くらい寒気が入ると思いますが、タイミングが合えばもう一度訪れて
みたいですね。月山界隈が荒れてどうしようもない時でも、そこそこ遊べそうな気
がします。
ただ全般的に傾斜が有るので雪崩れには要注意でしょう。

※アルバムにアップしました。

http://photozou.jp/photo/list/308432/1136011

南面の登り返し

http://f58.aaa.livedoor.jp/~yamadori/

 

Re: 村山葉山 継続パウダーラン5連発 2010.02.21

 投稿者:アベ  投稿日:2010年 2月22日(月)20時46分43秒
返信・引用
  > No.565[元記事へ]

sakanoさん昨日はお疲れ様でした。

それにしても昨日の葉山は予想以上の積雪があり、あんなにもパウダー三昧できるとは
思っていませんでした。今シーズン、ラストのベストコンディションだったかもしれませんね最高でした。
さすがに10時間行動はやり過ぎましたが、チョット反省(^_^;)

同行していただいた皆さんもラッセルお疲れ様でした、
またよろしくお願いします。
 

村山葉山 継続パウダーラン5連発 2010.02.21

 投稿者:sakano  投稿日:2010年 2月22日(月)06時02分45秒
返信・引用 編集済
  村山葉山の烏帽子岩コースは今度で3回目だが、今回はお誘いを受けて南面・東面・
北面のパウダー斜面を5本滑った。
2日前からの積雪で30~40cm、気温はやや低めで曇り空というまたとない好条件で、
4本の上り返しで激パウ斜面を十二分に堪能させてもらいました。

今シーズン既に4~5回も訪れている強者もいるようで、月山並の積雪に恵まれた斜面
はまるでパウダー天国の様相。アプローチも恵まれて、今から注目を集めそうなエリ
アです。

同行の皆さん大変お疲れ様でした。でも10時間行動はちょっとやり過ぎ?

南面の斜面

http://f58.aaa.livedoor.jp/~yamadori/

 

ブログ

 投稿者:きむらでがす  投稿日:2010年 2月16日(火)21時09分28秒
返信・引用
  http//skimatagi2236ですのでよろしく

http://qq4d59yd,@castle,ocn,ne,jp

 

朝日連峰 石見堂岳 継続ツリーラン

 投稿者:sakano  投稿日:2010年 2月14日(日)22時55分38秒
返信・引用 編集済
  当初目的の赤見堂岳は視界不良で結局姿を現さなかったが、石見堂岳に至る
北側・南側斜面の継続ツリーランは手応え十分。

ついうっかりしてスタートが遅れてしまったが、ご一緒した2人パーティーを
追って結局最後までお付き合いをさせて頂いた。狙いは当たって激パウツリ
ーランは実に快適で、登り返しを加えたツアーは意外と楽しめた。

すっかりラッセルを頼ってしまいました。お疲れさまでした。

激パウツリーランが続く

http://f58.aaa.livedoor.jp/~yamadori/

 

朝日連峰 大井沢川(南俣周辺) 周遊ツリーラン

 投稿者:sakano  投稿日:2010年 2月11日(木)19時18分9秒
返信・引用 編集済
  かなりマイナーなコースですが、パウダーのツリーランを目論んで4回目の訪問。
しかし、すっかり間違えて手前の尾根に取り付き、結果的には最初から登り返してプラスαでそれなりの1日。
底が固くて今一つのパウダーランだったが、連続する上部のツリーランコースには納得。南面の尾根で標高が低い為、パウダー狙いだったら1月~2月がシーズンかも。気温の低い吹雪模様の日だったら快適かも知れません。遊んでみました。

稜線上から紫ナデ方面を見上げる

http://f58.aaa.livedoor.jp/~yamadori/

 

Re: 湯殿山

 投稿者:sakano  投稿日:2010年 1月25日(月)07時32分43秒
返信・引用 編集済
  > No.560[元記事へ]

ファーマー佐藤さん

先週の姥ヶ岳より気温が5.0℃程高い-0.5℃のため、Dパウダーではありま
したが雪は若干重く、ややスキーが回しづらかったです。

東斜面には縦溝が出来て一部アイスバーンが露出していましたが、雨で流れ
た跡のようです。また、東面の基部には年始に集中した降雪の為に雪崩た模
様で、デブリと雪崩の走路の跡が見られました。

積雪量は充分で石跳川もすっかり埋まって滑りやすく、今後は気温の下がっ
た晴天の日は湯殿山東斜面の狙い時だと思います。

湯殿山南面と東面
 

湯殿山

 投稿者:ファーマー佐藤  投稿日:2010年 1月24日(日)22時47分59秒
返信・引用
   楽しまれたようで何よりです。(^^
そういえば、冬の湯殿山には一度も登ったことなかったなー、と
思い出しました。あそこは雪崩れへの注意が必要でしょうね。

 27日は天気が良さそうですが、鳥海山は見込みナシなので、
やっぱり月山かなー?。

http://homepage3.nifty.com/farmersatoh/

 

湯殿山のDパウダー

 投稿者:sakano  投稿日:2010年 1月24日(日)19時11分47秒
返信・引用 編集済
  やや強引に登った湯殿山の山頂だが意外に寒さは感じず、Dパウダーはやや重めで
滑りは手強かった。結局期待した天候の回復は望めず、山頂から下がったポイン
トから南面・東面を楽しんで石跳川を下った。

東面の下部にはデブリが堆積したような跡が有り、年明け後の集中した降雪が伺わ
れる。月山界隈の積雪量は十分有り、今からがスキー本番の時期となる。

深いラッセルそして湯殿山の南東尾根上で

http://f58.aaa.livedoor.jp/~yamadori/

 

Re: Re:月山 姥が岳

 投稿者:sakano  投稿日:2010年 1月17日(日)21時51分41秒
返信・引用
  > No.557[元記事へ]

イトケンさんへ

今日はお疲れさまでした。遠路ご苦労様です。
2本のツリーランはさぞかし会心の滑りだったと思います。
とてもお付き合いできる様な余力はなかったので、さっさと下って
帰りました。

またお会いしましょう。今度は鳥海山?

http://f58.aaa.livedoor.jp/~yamadori/

 

Re:月山 姥が岳

 投稿者:イトケン  投稿日:2010年 1月17日(日)21時20分51秒
返信・引用
  sakanoさん
本日は一人でのラッセルお疲れ様でした。
それでも、月山にしては軽い雪で楽しめましたね。

下りは石跳川のトレースですっかり楽させていただきました。
おかげさまで姥沢下のツリーランも登り返して楽しめました。

またどこかで!

http://ww6.et.tiki.ne.jp/~horohoro/

 

月山 姥ヶ岳 ディープパウダー満喫の1日

 投稿者:sakano  投稿日:2010年 1月17日(日)19時28分11秒
返信・引用 編集済
  予想外に寒気が抜けきらず、予定していた湯殿山方面は見送って石跳川から姥ヶ岳を
目指してみた。ファットの板でも沓下まで沈み、なんとなくラッセル大会で終わりそ
うだった。しかし、月山では上出来の軽いディープパウダーで、石跳川へのツリーラ
ンは久しぶりにご機嫌でした。

欲張って姥ヶ岳の山頂には立ったものの、強風と視界不良には程々手を焼いてしまい、
GPS便りでやっと逃げ帰ってきた。止めておけば良かった。

石跳川を黙々と進む

http://f58.aaa.livedoor.jp/~yamadori/

 

Re: (無題)

 投稿者:sakano  投稿日:2010年 1月15日(金)12時16分11秒
返信・引用
  > No.552[元記事へ]

きむらさんへ

あっそう?

最近は改修のため休業中の面白山スキー場に出没し、密かに楽しんでいるらしいですが?
 

蔵王仙人ブログ再開

 投稿者:sakano  投稿日:2010年 1月15日(金)12時00分43秒
返信・引用 編集済
  久しくご無沙汰した荒井さんの「蔵王仙人ブログ」を覗いたら、いつの
間のにか再開されていた。先日声が掛かった焼石岳の経塚山スキー山行だ
ったが、雑用に追われて結局同行できずに終わった。

しかし、いつの間にかしっかりブログに載っていた。 厳冬期の山にはめっ
ぽう強い人なので、これからが楽しみです。


蔵王仙人ブログ

http://zaosenine.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-31bf.html
 

(無題)

 投稿者:きむらでがす  投稿日:2010年 1月14日(木)22時02分15秒
返信・引用
  若女平は芽ではなく女です

よけいなことでした

http://qq4d59yd,@castle,ocn,ne,jp

 

Re: 若女平でお世話になりました

 投稿者:gamou  投稿日:2010年 1月 2日(土)20時43分19秒
返信・引用
  sakanoさん、あけましておめでとうございます。
先日の若女平ではこちらもお世話になりました。
それにしても30日の天候は最高でした。
それだけに西大顛の東斜面が悔やまれてなりません(^_^)
天元台は自宅から近いため、ちょっとのんびりし過ぎたようです。
今年もどうぞよろしくお願いします。

http://homepage3.nifty.com/gamou/

 

Re: 若女平でお世話になりました

 投稿者:sakano  投稿日:2010年 1月 2日(土)17時35分48秒
返信・引用 編集済
  > No.549[元記事へ]

gamouさん、明けましておめでとうございます。

先日西吾妻小屋でgamouさんの姿を見た時、やはり来るべき人が来るべき場所にやって
来たなと思っていました。
gamouさんと出発のタイミングが合っていれば、西大顛の東斜面を一緒に楽しめたでし
ょうが残念でした。寒気が入る直前のタイムリーな好天となり、予想外に快適なツアー
となって何か嬉しい拾い物といった所でしょうか。
若芽平の下部は藪スキーで今ひとつでしたが、上部の林間コースのパウダーは満足で
した。

本年も宜しくお願いします。

西大顛東斜面&若芽平コース下降
 

若女平でお世話になりました

 投稿者:gamou  投稿日:2009年12月30日(水)19時33分43秒
返信・引用
  今日、西吾妻小屋でsakanoさんにお会いしたときはさすがにびっくりしました。
月山とか蔵王では時々出会っていますが吾妻連峰では初めてですかね。
おかげで今日は単独のつもりがご一緒できて楽しい一日になりました。
天候は無風快晴。まだまだ雪が少ないとはいえ若女平へのパウダーは感激ものでした。
もっとも私は転びまくりでしたが(^_^;)
明日からの寒波で山に雪がたくさん降るのを期待しながらの大晦日になりそうです。
来年もどうぞよろしくお願いします。
 

宮城蔵王 刈田岳

 投稿者:sakano  投稿日:2009年12月27日(日)18時38分38秒
返信・引用 編集済
  すみかわSPを訪れるのは3年ぶりだが、ゲレンデ内にはスキーヤーの姿はほぼ皆無で、若いボーダーの皆さんオンリーという状況だった。つまりボーダーさんの為のゲレンデに特化していた。しかし、リフトはガラガラで、閑散とした雰囲気は寂しい。

スタートがいきなり遅れてしまったので、駐車場からノンストップで歩き続けると2時間で刈田岳避難小屋に到着。間もなく9名の団体さんがなだれ込んで賑わい、ランチタイムを過ごして直ぐに下降。

12月の天候としては風も寒気も和らぎ恵まれた天候だが、まだブッシュは埋まり切っていないので滑りの方は今ひとつ。視界不良でお楽しみの井戸沢も諦め、後は味気ない高速道路の様な車道を一気に降りた。

大黒天手前の車道から五色岳
 

Re: 月山

 投稿者:sakano  投稿日:2009年12月26日(土)06時06分8秒
返信・引用
  > No.546[元記事へ]

ファーマー佐藤さん

おはようございます。

庄内方面は何時に無く雪が降った様ですが・・・。
年末は余りパットしないお天気模様で、気難しい月山・鳥海山は方面は
年明けのほうがチャンス有りでしょうか?

正月に寝てばかりでは飽きるので、今年は模様眺めで過ごす事になりそう
です。お天気次第ですね。
 

月山

 投稿者:ファーマー佐藤  投稿日:2009年12月25日(金)09時48分58秒
返信・引用
   おはようございます。

 大分良い感じになってきましたね。(^^
今年はヒマなので行く気になればいつでも行けるのですが、
条件が良い日と思うとサッパリ行けません。(笑)
 まあ、鳥海山にもっと雪が積もったらと思う気持ちが強い
ということもありますがね。年末に期待したいところですが…。(?)

http://homepage3.nifty.com/farmersatoh/

 

月山 姥ヶ岳方面のホワイトアウト

 投稿者:sakano  投稿日:2009年12月23日(水)19時16分59秒
返信・引用 編集済
  ダメな事は分かっていましたが、やはり姥ヶ岳方面はホワイトアウトで食傷気味。
久しぶりのラッセルは応えるが、運動不足で鈍った体には適度な刺激で良い汗をかいた気分。

今日はリフト下の美味しい斜面だけ少しつまみ食いし、後は一目散に車道を下って志津に戻った。今日のお客さんは8名ほどだったが、おなじみの顔ぶれが登場して何となく嬉しい。
 

忘年会inフォレストパークあだたら

 投稿者:sakano  投稿日:2009年12月16日(水)20時32分31秒
返信・引用 編集済
  先週末は小名浜のF会の忘年会に招かれ、フォレストパークあだたらのコテージへ。
適当に仕事を切り上げて遅れて会場に着いてみると、既にコテージ内のテーブルには一人一品持込品が並び、ワインを傾けながら大盛り上がりの雰囲気。

どこぞのクリスマスパーティーと錯覚してしまいそうだが、その殆どが各自自慢の自作メニューで、薪ストーブと温泉付きと言うのが溜まらないダメ押し。

山屋さんの忘年会てこんなんで良いの?と場違いの様で戸惑ってしまう。
良く食べるしワインボトルも次々に空になってゆく。すっかりはまってしまいました。

翌日はその反動か磐梯山方面は時雨模様で、さっさと偵察は完了して仙台へ戻った。
すっかりお世話になりました。来年も予約を入れておきます。

http://www.geocities.jp/snowbridge2005/091212minowabandaisan.html

大盛り上がりの皆さん。
 

Re: 雪の大鳥池

 投稿者:sakano  投稿日:2009年11月29日(日)21時52分29秒
返信・引用 編集済
  > No.542[元記事へ]

snowbridgeさん。

居酒屋大鳥小屋では賑やか過ぎるお嬢様方に圧倒されっぱなしですか?
どれだけワインを担ぎ上げたか知りませんが、ナメコ山行と騙されてや
って来たお嬢も、あれだけの豪華メニューではご満悦のご様子。

今度は必ず参加しますので一つ席を空けておいてください。
 

雪の大鳥池

 投稿者:snowbridgeメール  投稿日:2009年11月29日(日)08時27分5秒
返信・引用
  昨年に引き続き、三匹目のドジョウがいましたね。
sakanoさんが気持ちよく滑ってる頃、私らは熊のラッセル後を追いかけ
雪で囲まれた大鳥池で遊んでいました。

夜は蔵王仙人の愛の逃避行物語とお嬢の永遠の乙女物語が宴会の肴に
プラスされ盛り上がりました。
写真は熊のラッセル跡です。

http://www.geocities.jp/snowbridge2005/091122itoudake.html

 

レンタル掲示板
/25