teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 素晴らしいコースですね!

 投稿者:sakano  投稿日:2009年 3月 5日(木)20時19分59秒
返信・引用 編集済
  > No.507[元記事へ]

superdioaf27さんこんばんは。

先日の大桧原山と赤見堂のワンディ登頂には驚きでした。とても真似は出来ません。

村山葉山の烏帽子岩コースはロングコースですが、ロケーションの良さ・積雪量の豊富さ・コース取りの良さ・雪質の良さなど、面白さがてんこ盛りという雰囲気で気に入ってます。ロングコース好きの方にはお勧めコースです。
本峰から内院へ滑降した人ははまだ1人だけだと思います。

         葉山本峰方面
 
 

素晴らしいコースですね!

 投稿者:superdioaf27  投稿日:2009年 3月 5日(木)17時55分21秒
返信・引用
  sakanoさん、こんばんは。

村山葉山の山行記録、早速拝見させて頂きました。いや~何とも面白そうなロングコースですね!
村山葉山は山を始めた頃に一度行ったきりで、どちらかと言えば地味な印象しか残りませんでしたが、これほどの素晴らしいロケーションのスキーコースは是非一度行かなくてはなりませんね。
あと、条件次第でしょうけど内院への滑降もそそられますし、月山の眺めもお見事の一言!・・・というわけで、今後の参考にさせて頂きます。

お疲れ様でした♪

http://blog.livedoor.jp/superdioaf27/

 

Re: 週末

 投稿者:sakano  投稿日:2009年 3月 3日(火)20時52分51秒
返信・引用
  > No.505[元記事へ]

昨年の3月に続いて2度目のビア沢は新山登頂のおまけ付きとは羨ましい。
南東面のビア沢斜面は最近の好天の為クラスト気味だったのでしょうか?
今シーズンはすっかりタイミングを外してしまった鳥海山ですが、来年こ
そはきっといい思いをしたいと思っています。
滝の小屋は意外と人気が無かった様子ですが、やはりこの時期にこのコー
スを目指す人は物好きの部類と言う事でしょう。
 

週末

 投稿者:chida  投稿日:2009年 3月 2日(月)22時21分9秒
返信・引用
  滝の小屋経由で鳥海新山・ビア沢へ行ってみました。

厳冬期らしからぬ快晴無風の天気に恵まれましたが、ビア沢のパックバーン
湯の台のアイスバーンとなかなか手強い滑りを強いられました。

外輪から見た稲倉岳も黒い部分がチラホラと。今年の鳥海は小雪のようで
最大積雪期に向けて、もうひと頑張り欲しいところですね。
 

村山葉山 北面烏帽子岩コース

 投稿者:sakano  投稿日:2009年 3月 1日(日)22時41分52秒
返信・引用 編集済
  今回3回目でようやく村山葉山の奥の院に立ち、富並川の内院を滑り込んで2年前からの宿題を片付ける事が出来た。北面の烏帽子岩コースは素晴らしいロケーションで、北面で雪質にも恵まれた手ごたえの有るロングコースだ。標高は1400mそこそこでも積雪量は豊富で、コースを象徴する様な烏帽子岩の通過はやや緊張し、全体的にボリュームの有る一級の山スキーコースだと思います。

烏帽子岩付近から滑り込んだルンゼは下部が荒れていたが、上部のカール斜面では結構楽しめたのでまあ良しとしよう。2月頃のパウダー狙いだったら尾根疎林帯も魅力で、烏帽子岩手前のピーク往復でも十分に楽しめそうです。今日は西川山岳会の皆さんに同行させてもらいました。

      烏帽子岩から葉山奥の院を目指す
 

湯殿山 南面コース

 投稿者:sakano  投稿日:2009年 2月22日(日)18時10分53秒
返信・引用 編集済
  湯殿山の南面ははじめてのコースだったが、思いの外深めのパウダーに恵まれてご機嫌なパウダーランだった。しかし2本目の東面を狙うつもりだったが、まだ雪面が安定している様には見えず、風雪と視界不良も重なってギブアップとなった。

今日の月山は意外とお客さんは少なく、湯殿山で他にはスノーシュー2名、山スキーヤー1名と静かでした。
 

蔵王連峰 お釜斜面~五色岳東面

 投稿者:sakano  投稿日:2009年 2月11日(水)17時58分4秒
返信・引用 編集済
  五色岳の東面はまだトレースしていなかったが、熊野岳~お釜斜面~五色岳東面と継続すると快適なコースとなった。めったに立てない五色岳山頂からのパノラマは新鮮で、気がついてみるとこの周辺は日帰りミニツアーには最適の地だった。濁川・丸山沢・振り子沢などは組み合わせ自由で、条件が良ければの話だが満足度の高い1日となるでしょう。

ただし五色岳周辺の雪解けは早く今頃がベストで、3月以降には岩場が露出しそうでタイミングが難しい。ただ、この時期この界隈で好天に恵まれる日は少なく、また、降雪直後の行動は厳禁となるので、チャンスは意外と少ないかも知れない。
 

二口山塊 北面白山とイノシシ君

 投稿者:sakano  投稿日:2009年 2月 8日(日)18時59分48秒
返信・引用 編集済
  冬型の気圧配置を承知の上の山行だったが、山頂直下では強風と視界不良で退却となる。今年の雪不足と標高の低さはどうにもならず、ツリーランのはずが久しぶりの藪スキー。
山頂直下の急斜面はどうにかシールで通過したが、視界不良では雪庇の通過が厄介でギブアップとなった。半日コースだが意外と手ごたえだけはそれなりに有りました。

東根の温泉につかって帰路に着いたところ、48号線作並温泉のホテルGG下300m国道でイノシシに遭遇。野生のイノシシを見るのは初めてだが、白昼、車がバンバン通る場所で出没する事も驚きで、その図体の大きさにはびっくりしてしまった。こんなヤツに突進されたらたまったものではなく、山の中ではあのスピードから逃れられるのか?最近は宮城県でも大崎市方面まで生息域を広げている様だが、しかし、ずいぶん人を小馬鹿にした様で大胆なヤツでした。
 

Re: お久しぶりです

 投稿者:Hi6  投稿日:2009年 1月23日(金)23時50分21秒
返信・引用
  > No.499[元記事へ]

ウェアに身を包むと誰だったのか判りませんよね。

GPSを使っていただいていると聞き、嬉しい限りです。

この間のルートはブログにアップするつもりなので、しばらくお待ちください。

http://hi6funwave.exblog.jp/

 

Re: お久しぶりです

 投稿者:sakano  投稿日:2009年 1月22日(木)18時30分23秒
返信・引用
  > No.498[元記事へ]

Hi6さんご無沙汰しています。


刈田岳の山頂直下で会ったのがHi6さんだったとは気がつかず失礼しました。
五色岳からカモシカ温泉に下る斜面とは興味深々で、いつかはトライしてみたくなり
ます。

お世話になっているGPSは実に貴重なアイテムで、今では無くてはならない装備の
一つとなっています。もうとっくに元が取れていますが、まだまだ手放すことは出来
ません。

今度山でお会いした時には宜しくお願いします。

http://f58.aaa.livedoor.jp/~yamadori/

 

お久しぶりです

 投稿者:Hi6  投稿日:2009年 1月22日(木)07時38分33秒
返信・引用
  書き込みするのはGPSの件以来でしょうか。
「利府街道沿いの登山道具屋」では、GPSの件以来何度かお会いしてます。

日曜日は刈田を滑るsakanoさんを目撃し、一言二言会話したスノーボーダーです。
sakanoさんとは全く気づかず失礼しました。

あまりに気持ちよさそうなので、私も井戸沢、濁沢を滑ってしまいました。
お陰で当初の予定だった熊野方面は断念しましたが、後発の友人たちと合流し、
五色-カモシカ温泉のこれまた快適な斜面を滑ることが出来ました。

http://hi6funwave.exblog.jp/

 

Re: はじめまして

 投稿者:sakano  投稿日:2009年 1月22日(木)06時05分35秒
返信・引用 編集済
  > No.496[元記事へ]

T島さん

丸山沢のトラックは土曜日のものと思ってましたが、日曜日の早朝のものと
は意外でした。それにしてもえらく早いスタートですね。
1月に丸山沢を滑ったのは初めてでしたが、2月頃のクラストした斜面と違
って雪質は良い方で快適ですね。
コガ沢・北屏風東面は2年ほど滑っていませんが、チャンスが有れば訪れた
いと思っています。

http://f58.aaa.livedoor.jp/~yamadori/

 

はじめまして

 投稿者:T島  投稿日:2009年 1月21日(水)20時59分30秒
返信・引用
  三、四年前の屏風、利府街道沿いの登山道具屋でお会いしてると思います。
日曜の未明に宮城側から熊野まであがり、朝焼けのなか滑りました。
あの天気、今思うと登返せばよかったなーっと、後悔してます。
 

蔵王 パウダートリップ3連発

 投稿者:sakano  投稿日:2009年 1月18日(日)18時48分12秒
返信・引用 編集済
  単独行とは良いもので、その日の天候・時間・雪質またはコンデション・やる気によって計画がコロコロと変わって行く。登っているうちにモチベーションが高まる事もあり、体調が良ければ休み無しでどんどん先を急ぐ。

1月の蔵王で今日の様な好天などはめったに訪れる事はなく、チャンスがあればどんどん欲が出てくる物。丸山沢1本でも良かったはずだが、厄介なシュカブラの発達も比較的少なく、標高の高い東斜面では雪質が良く、ノントラックのパウダーを満喫させて貰いました。

井戸沢・濁沢本流・丸山沢のいいとこ取りですが、当然合計1000mの登り返しはそれなりにくたびれます。

  意外と吹き溜まりの多い濁沢本流はお勧めです。
 

湯殿山 東斜面

 投稿者:sakano  投稿日:2009年 1月12日(月)17時16分40秒
返信・引用 編集済
  解ってはいましたがスロースタートにはロクな事がない。雑用を片付けて志津の駐車場に到着し、身支度を整えて先行パーティーを追って出発したのは9:30AMを廻っていた。午後からは荒れる予報なので急いで山頂に立ったものの、ちょうどその頃がタイムオーバーで次第にモノトーンの世界へ。

足元の距離感が掴めないとバランスが悪く、スピードも出せず雑な滑りになって面白くない。今日は先行者二人のみと意外な静けさだったが、途中から失礼して最初に山頂に立ち、後は一目散に志津へと下降した。
やはり早立ちが鉄則の山スキーという訳でした。

     ネイチャーセンターからの湯殿山
 

ですね

 投稿者:ファーマー佐藤  投稿日:2009年 1月 6日(火)09時44分11秒
返信・引用
   年末年始があんなに荒れた年も珍しいですね。鳥海山は連日猛吹雪だったでしょう。
大きく堅く張り出したシュカブラを見れば分かります。
 こんな年じゃなくてもそうですが、山頂を目指そうと思ったら狙わないと難しい
ですね。そういう意味では酒田でも仙台でも同じです。地元民が昼過ぎから向かうよりも
朝早く仙台を出た方が速く着くし。(笑)

 飯豊のラッセルは見えるようですね。私は結構好きですが。(^^;

http://homepage3.nifty.com/farmersatoh/

 

Re: やはり…

 投稿者:sakano  投稿日:2009年 1月 5日(月)18時04分37秒
返信・引用
  > No.491[元記事へ]

ファーマー佐藤さん明けましておめでとうございます。

せっかくの鳥海山でしたが天気予報を見てがっかりし、多少吹雪かれても山頂
狙いの余地のある飯豊連峰へとなびいてしまいました。おそらく30年ぶり位の
わっぱで真面目にラッセルしてきました。あと30年位はわっぱのお世話になり
たくありません。(^_^)
今回はお会いできなくて大変残念でした。

さすがにこの天候で滝ノ小屋周辺は諦めた方が多んでしょうか、かなり静かな
貸し切り状態というのもちょっと意外です。しかし、2時間半位で滝ノ小屋着
となると、調子が良ければ七高山まで手が届きそうな感じですか?
やはり地元の方には圧倒的に有利な鳥海山ですね。それと自営の方々。
 

やはり…

 投稿者:ファーマー佐藤  投稿日:2009年 1月 5日(月)17時17分2秒
返信・引用
   sakanoさん、明けましておめでとうございます。

 やはり鳥海山はナシだったんですね。年末からずっと悪天候が続いていたので、
昨日、滝の小屋周辺を見たところでは年末年始の入山者は少ないようでした。
常連のGさんも入らなかったみたいです。

 今日は、少しは天気が回復したとはいえ、風が強くて地吹雪状態。
チョー寒い上に天候の回復があまり見込めないことから、河原宿で登高を
中止しました。
 ただし、雪質は最高で存分に滑りを楽しむことが出来ました。
まだ宮様コースは雪が少ないので車道コースを下りましたが、
車道は全部ショートカット出来たので山雪荘手前まで楽しかったです。

 ちなみに、予想通りで昨夜は私一人だけでした。(笑)

http://homepage3.nifty.com/farmersatoh/

 

Re: ど---も

 投稿者:sakano  投稿日:2009年 1月 5日(月)16時06分14秒
返信・引用 編集済
  > No.488[元記事へ]

木村さん

鳥海山の話は急遽取り止めて、単独で先行している荒井さんの後を追って飯豊の
頼母木山を目指してました。
しかしこの天候では東北で満足に山スキーが出来る所など他に有りましたかね?
 

飯豊連峰 頼母木山直下

 投稿者:sakano  投稿日:2009年 1月 5日(月)15時54分34秒
返信・引用 編集済
  年明けの好天を狙ったつもりがまったくの外れで、3日間は風雪との戦いに明け暮れてよ
うやく頼母木山の山頂直下まで到達して終了。冬の飯豊連峰の初心者にとっては北股岳
は遥かに遠く、敷居の高い冬の飯豊連峰は3年くらい通い詰めないと山頂に立てない様に
も思えた。

当初は山スキーに拘ったものの今季は意外な雪不足で話にならず、早くも西俣ノ峰直下
であっさり諦めてワカン&アイゼンの冬山登山者にチェンジしした。気温は以外に高め
で雪は重く締り気味で、飯豊特有の胸までのラッセルは勘弁して貰ったのは幸運で、三
匹穴からは強風との戦いで久しぶりの緊張感もそれなりに印象的でも有った。

山頂直下では先行された下越山岳会の皆さんより標識の提供を頂き、何とか主稜線まで
辿り付く事が出来ました。この場を借りて感謝申し上げます。有難うございました。

      強風の三匹穴から頼母木山方面へ
 

ど---も

 投稿者:木村です  投稿日:2008年12月31日(水)07時45分52秒
返信・引用
  来年もよろしくお願いします
正月はどこ行くんですか、オレは1月だけ坂野さんの大先輩のお手伝いします。
あとはやめます。
んでまずね
 

月山 姥ヶ岳東斜面

 投稿者:sakano  投稿日:2008年12月21日(日)18時08分42秒
返信・引用 編集済
  世間的にはどこも雪不足のようで、富山・長野・新潟方面の山スキーもあま
りぱっとしない様子ですが、ここ月山だけは例外の様で雪に不自由する事は
ない。昨日降りもった雪が適度な吹き溜まりを作って姥ヶ岳東斜面は最高の
コンデションで、ひさしぶりの浮遊感を楽しんで満足な1日となりました。

お客さんは10名程度の為ファーストトラックは思いのままで、わざわざ新潟
方面からこられた山スキーヤーも満足されたでしょう。ここ月山では温暖化
はむしろ好都合で、好天のチャンスが増えれば山スキーヤー・ボーダーの聖
地となるかも?

西川山岳会の蒲生さん・上野さんに同行させてもらい、お互いの滑りを観察
しあうのもまた楽しいものでした。
 

静か過ぎの姥沢周辺

 投稿者:sakano  投稿日:2008年12月 7日(日)17時06分25秒
返信・引用 編集済
  今日は天候の回復を期待して姥沢へ向かったものの、着いてみれば雪は激しくなる一方で視界も利かず、姥沢ですっかりトーンダウンしてしまってトレースを戻って終了した。解ってはいたものの後続者などは誰も無く、途中のショートカットコースで対面したウサギ1匹以外のお客さんは皆無だった。
ポケロケで膝下ラッセルとなるとちょっとしんどいが、空身同然のラッセルは何か爽快感があって嫌いでは有りません。飯豊連峰ではキスリングを背負って胸・首までのラッセルなどもかつてあったが、その地獄の世界とはまったく別物で雪と戯れる感覚もまた良し。体慣らしには程良い往復の4時間でした。
 

アイスバーン

 投稿者:ファーマー佐藤  投稿日:2008年11月25日(火)21時19分21秒
返信・引用
   犬の5本爪アイゼンは効きませんね。月山なら頂上までなんとか登れますが、
(ツルツル滑って焦る様子が滑稽で笑えます)
鳥海山では危ないので途中で待機させます。沢に落ちられると救助するのが
大変なんですよ。(^^;

 立山も魅力的ですが、ちょっと行ってくるという距離じゃないですからね。(~~

http://homepage3.nifty.com/farmersatoh/

 

Re: ファーマー佐藤

 投稿者:sakano  投稿日:2008年11月25日(火)19時06分41秒
返信・引用 編集済
  > No.482[元記事へ]

愛犬のサクラちゃん?はアイスバーンの斜面はアイゼン有りですか?突然
吹雪かれて行方知れずになる事は無いのでしょうか?
今時は立山初滑りで盛り上がるのが正しいスキーヤーらしいですが、か
つて月山で初滑りで盛り上がった方も相当なもの。やはり年代的には私ら
に近い辺りでしょうか。
しかし、月山から望む鳥海山の姿にも見とれてしまいました。今年が暖冬
だったら鳥海山通いでもやろうかな・・・。
 

ファーマー佐藤

 投稿者:ファーマー佐藤  投稿日:2008年11月25日(火)07時29分29秒
返信・引用
   さすがは月山!で、ナイスタイミングです。\(^〇^)/

 昔は今の時期にロープ塔を営業していて車で姥沢に行けたので、
気の早いスキーヤーで結構賑わっていましたが、今は本当に静か
ですね。この三連休は湯殿山スキー場も営業していましたが、
果たして利用者が多かったのかどうか…。
 今度はもっと状態の良い時を狙って早い時間に行きたいです。(^^;
鳥海山でお会いできれと良いですね。

http://homepage3.nifty.com/farmersatoh/

 

今年も晴天に恵まれて山頂へ

 投稿者:sakano  投稿日:2008年11月24日(月)18時25分54秒
返信・引用 編集済
  昨年の同時期に月山の山頂を踏んでいるが、今年もタイミングに恵まれて2匹目のどじょう状態。この時期に月山の山頂を目指す人などまれだが、登ってみれば山頂方面はすべて貸切状態で何か贅沢な気分。
前日に雨でも降ったのか姥沢周辺で雪は少しモナカ気味だが、リフト上駅から先は厳冬状態で板も走り、下りは山頂から姥ヶ岳経由でも1時間45分で志津に帰着。確かに立山あたりのフカフカパウダーなど望めないが、この豊富な積雪量が月山の宝でそれだけで満足です。
 

Re: 鳥海山!

 投稿者:sakano  投稿日:2008年11月17日(月)06時13分16秒
返信・引用 編集済
  > No.479[元記事へ]

ファーマー佐藤さんおはようございます。

実は正月の予定はまだ決めていません。いったいどちらにしようか迷う所です。

一度冬の滝ノ小屋での大新年会に味を占めてしまったので、今度はそっちの方
目的で訪れたいと思ってます。是非ご一緒しましょう。

            2007年 1月
 

鳥海山!

 投稿者:ファーマー佐藤  投稿日:2008年11月16日(日)21時04分47秒
返信・引用
   ハハハ、絶好調なのは舌だけではありませんよ~。下のほうも…。(笑)

 おっ!?、今度の正月は鳥海山ですか。(^^
私も行きたいと思っています。酒飲みが主な目的になりますがネ。(^^;
鳥海山も昔から見れば荒れなくなったので、チャンスはあるでしょう。

 それににしても、滝の小屋にデポってなんなんですかね。
あんな近い小屋には必要ないでしょうに…。

http://homepage3.nifty.com/farmersatoh/

 

Re: 祝10万アクセス!

 投稿者:sakano  投稿日:2008年11月15日(土)06時40分47秒
返信・引用
  > No.477[元記事へ]

ファーマー佐藤さん、ありがとうございます


ファーマー佐藤さんのブログにも時々お邪魔していますが、興味深く拝見して
います。しかし舌好調(失礼)で楽しそうですね。

山スキーヤーは最近は絶滅危惧種指定間じかの雰囲気で、テレマーカーと違っ
てオジサン達ご用達の感があり、少し寂しいような気もします。
しかし、山頂を狙う人にとっては機能的には山スキーの方が上と思います。でも、
テレマーカーだって飯豊の本石転び沢・北股沢、厳冬期の鳥海山を滑る強者もい
て、やっている事は変わりません。

今度の正月の鳥海山も魅力的で、2年前と同じ2匹目のどじょうを狙いたいのです
が、悪天候が当たり前の山頂に立てる確立はきわめて低く、90㌫以上の確立で大
新年会で終わるでしょう。
滝ノ小屋に荷揚げを済ませているパーティが有るようですが。
 

レンタル掲示板
/25