teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


環境整備お疲れ様

 投稿者:麦草情報  投稿日:2018年 9月25日(火)13時30分52秒
  山小屋の管理は大変、訪れるお客さんの為、環境整備を仕事の内、笹藪の笹狩り、崩落畯善の登山道の整備、又、苔の生態調査、本業の宿泊業管理外の仕事は山積み、お疲れ様です。苔撮影写真はナンジャモンジャゴケの生育状態確認の様子。地面すれすれの岩壁に1cmにも満たない細かな苔腹ばいで撮影するすがた。仕事も観察も大変なことです。とにかくお疲れ様でした。

http://www.lcv.ne.jp/~seki0309/

 
 

コケ観察会2日目

 投稿者:麦草情報  投稿日:2018年 9月12日(水)06時14分35秒
  北八ヶ岳「苔の会」主催コケ観察会「麦草会場」2日目、茶水の森~地獄谷が昨夜の雨も上がり、暑くも寒くも無く、コケ達には水気充分の好環境下で行われた。地獄谷ではあまりの水分で岩塊急斜面のミズゴケの仲間一面があまりの含まれた水の重さで滑落した跡が見受けられ、変わった一面の観察もでき楽しいコケ観察会だった。

http://www.lcv.ne.jp/~seki0309/

 

苔の観察会「苔の道」

 投稿者:麦草情報  投稿日:2018年 9月11日(火)11時00分35秒
  9月8、9日1泊2日のコケ観察会「上野健先生」をお迎えが行われた。初日は北八ヶ岳「苔の道」狭霧苑~麦草峠間で行われたし雨が心配されたが殆ど降ること無くコケ達の元気な姿を見ることができた。

http://www.lcv.ne.jp/~seki0309/

 

ヤナギラン植生回復の兆し

 投稿者:麦草情報  投稿日:2018年 8月16日(木)06時24分23秒
  鹿の食害が出るまでは麦草峠の草原この時期一面とヤナギランが咲き誇っていたが、それ以来その姿が消えていた。しかし食害防止策を施して10数年経過したが、ヤナギランの姿は回復が見られなかった、しかし今年ヤナギランの姿が数十株確認でき回復が遅らせながらみられた。又往年のヤナギランの群生姿が見られるのも近いと期待したい。

http://www.lcv.ne.jp/~seki0309/

 

滝、どこですか?

 投稿者:tomo  投稿日:2018年 7月21日(土)11時39分47秒
  初めまして。
写真館のスライド碧~green~に出てくる滝はどこの滝ですか?
行ってみたいなあと思って投稿させていただきました
 

H君へ

 投稿者:麦草ヒュッテ  投稿日:2018年 7月18日(水)17時20分55秒
  Kより大至急連絡がほしいと連絡がありました。
いろいろあると思いいますが、連絡をして下さい。(麦草のおじさんより)
 

テガタチドリ

 投稿者:麦草情報  投稿日:2018年 7月18日(水)14時18分6秒
  麦草峠の草原に自己主張宜しく個体差はあるが鮮やかな色合いのテガタチドリをを見ることが出来る。日本では北海道と本州中部以北の亜高山帯から高山帯にかけての草原に分布する。茎の高さは30cmから60cm、花期は7~8月で、1cm程度の小さな花が穂状に密集して咲く。花の色は淡い紅紫色。和名は、太い根が手のひら状になっていること、花が千鳥の飛ぶ姿に似ていることから付けられている。

http://www.lcv.ne.jp/~seki0309/

 

苔観察会2日目

 投稿者:麦草情報  投稿日:2018年 7月14日(土)20時44分35秒
  昨晩の激しい雨も今朝は上がり、さして暑さも感じないスタ-トとなった。茶水の池での集合写真、濡れた木道滑りやすいので要注意茶水の森フジノマンネングサの群落をを通り地獄谷に、ほぼ2年に一度地獄谷が水深約3mくらいの池となるため谷底のコケ観察は出来ずその周囲で主にダチョウゴケの観察のち駒鳥池の戻り地球からの恵みコケを感じての自由コケ観察楽しい2日間の観察も時を惜しむかの早さで充実した観察会が終了。参加者お疲れ様でした。上野先生2日間苔の解説感謝申し上げます。有り難うございました。

http://www.lcv.ne.jp/~seki0309/

 

苔観察会ナイトの部

 投稿者:麦草情報  投稿日:2018年 7月14日(土)20時09分39秒
  コケ好きの集団昼間コケ観察し、夜は夜、講師の上野健先生のスライドでコケの学習、終了後酒宴で自己紹介を含め、この会への参加の動機など語り、その後の自由時間もコケ談義、顕微鏡を覗き昼間のコケの細胞とうの学習に余念が無い全くのコケ愛好家、でもコケにはさほどでなく、友人に誘われてきて、コケの素晴らしさを改めて感じた方もおられた。コケにとらわれた一日を感じ夜も過ぎた。

http://www.lcv.ne.jp/~seki0309/

 

苔観察会初日

 投稿者:麦草情報  投稿日:2018年 7月10日(火)23時06分5秒
  今回の麦草ヒュッテ苔観察会JR中央西線とう集中豪雨で普通のため参加予定の方々8名が不参加となり残念な観察会となった。コケのコンデションは最高綺麗な元気な苔を、初日は「苔の道」狭霧苑地から麦草ヒュッテで行われ観察することができた。

http://www.lcv.ne.jp/~seki0309/

 

レンタル掲示板
/104